コロナ休校中の高校生って何してるの?!『多様な学びの形』を追ってみた①

コラム

学生団体ivoteの高校生メンバー、車 世栄(くるま せよん)です!

今回は自分の同級生などからよく聞く『休校中って何してるの?』というインタビューを高校生にして、記事としてアウトプットしていきたいと思います。

この記事はその第一弾目です!

ぜひ休校中何をすればいいのかわからずに過ごしている学生さんなど参考にしてもらえればと思います。

高校3年生 栗原さくらさん

栗原さんの自己紹介

新高校3年生の栗原さくらです!

私位は人を思い人にために行動するを理念としたSocial Project Union(通称spu部)の部長をしています。!

またアニメや特撮,怪獣映画が好きで、1年に夏と冬の二回ある世界最大規模コミックマーケットに6年連続で参加し、また前日準備のボランティアに行くほどです。加えてゴジラやガメラの映画を見たきっかけで環境問題に興味をもちはじめエネルギー問題やプラスチック問題などに手をつけたりしています。
他にはアニメ制作会社や映画制作会社といった会社の労働環境や労働評価が低いということがありこの先日本のサブカルチャーが廃れてしまうのではないかと危惧しており社会の労働環境や評価の向上をどう行えば良いかを考えています 。

栗原さんの1日のスケジュール

私は、

朝早く起きて2時間勉強
AO受験のためのプリントや塾の宿題などを4時間
企画や団体の運営などの対応3時間
アニメを見たり動画をにみたりする2時間
イベント参加2時間
友人と電話2時間
睡眠7時間

というスケジュールで最近は過ごしています!

栗原さんの学校の勉強

私の学校はGoogleクラスルームとyoutubeでの課題と動画配信によって行われています!
最低限かつスピーディーに終わらせてます(笑)
このままオンラインだと有難い なぁ…という感じです!

栗原さんのおすすめする勉強法

倍速でyoutubeを見る(ダラダラ見ない)ということですね!
あとはFacebookでオンラインのイベントが多いのでそれを使いアウトプットを行うことです。
情報戦である世の中なので、常に最新を取り入れられるようFacebookの使い方を有効活用してます!

高校3年生 T Mさん

T Mさんの自己紹介

高校3年生のT Mです!

身長が143センチしかなく、つい最近も小学4年生に間違えられたJKです笑
高校1年時に学生団体で大学生をまとめてたりしてました。

閉校前までは宿題とか試験で忙しかったのですが、閉校になった瞬間、課外活動漬けかだらけた生活を送っています笑

T Mさんの一日のスケジュール

2-3時間: 勉強
1-2時間: 読書
1-2時間: 書類作成
2-3時間: 課外活動(団体のMTGとか)

目安はこれくらいですけど、基本だらけてますね笑笑

T Mさんの学校の勉強

学校からの課題すら放置してます笑

5月に始まるので、そろそろ昨年度の課題をしつつ、日本史のテストに向けて参考書を使って勉強しようかなって思ってます。

T Mさんの伝えたい学びの方法

勉学については、まずは学校が基本だと思います。

やっぱり学校の勉強が基礎基本なので。

その上で自分が強化したい科目は参考書だったりYoutubeだったりを活用していけば勉学は問題ないと思います。
課外での学びに関しては、まずは興味を持つことがキーになると思います。

マストの勉強でないとどうしても興味を持たないと何も始まらないので笑
私自身、興味がない分野なんてたくさんありますが、少しでも多くのものに触れて興味を持っていきたいです。

高校3年生 西島 和来さん

西島さんの自己紹介

教育や学生社会に興味があって、中高生向けのオンラインサロンの代表を務めています!

西島さんの1日のスケジュール

7時間:睡眠
2時間:読書
5時間:仕事
5時間:勉強
1時間:SNS

という感じですね!

西島さんの学校の勉強

勉強の中心はAO対策で、公立校のためオンライン授業もなく、学校にほとんど時間を割いていないです!

西島さんの伝えたい学びの方法

河野玄斗さんのYouTubeチャンネルが勉強法とか勉強ライブをやっていて、かっこいいしモチベになります!

Stardy -東大医学部河野玄斗の神授業  YouTubeチャンネル

さいごに

いかがだったでしょうか。

今回は新型コロナウイルス感染症対策のために学校に行けない高校生にインタビューをしてみたのですが、意外に充実した日々を送っているようにも見えます。

ただやはり学校が早く再開されて欲しいという意見もあり、なかなか難しい判断を学校側も迫られているなと感じます。

それでもこの休校中の期間はあとから戻ってくるわけではないので、ぜひ今回インタビューさせていただいた栗原さくらさん、T Mさん、西島和来さんのように学びある日々にしていただけたらと思います!

今回はインタビューにご協力いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました