【卒業エントリ】「ivoteを終えて」-事務局長 内田航暉

ivote ブログ

なぜivoteに入ったのか??

元から政治に興味があったのか?と言われれば特にありませんでした笑
入会した理由は端的に言えば、大学生活に物足りなさを感じたからです。
みなさんも授業や、サークル活動、バイトに恋愛と多忙な生活を送っている人が多いと思います。私もそれなりに充実したキャンパスライフを送っていたと思います。

しかし、なにか自分の中で物足りなさを感じました。せっかくの大学生活なのに毎日同じようなことの繰り返し。

そこで、なにか変わったことをしたいと思い見つけたのが「ivote」でした。
高校の時の政治経済の授業が好きだったのでなんとなく「政治×学生団体」で検索したらivoteが一番上に出てきました。

ここが私とivoteの出会いです。今思えば運命的な出会い方だなぁと思います笑
しかしそこで一歩踏み出して入った。その一歩は自分の大学生活を変えるには十分な一歩だったと思います。

一歩踏み出してなにが変わったのか?

ivoteでは普通の大学生活ではできない経験をたくさんすることができます。
それを以下述べていきたいと思います。

普通の生活では出会えない人達に出会うことができる

まずは議員さん。議員さんについて皆さんはどのようなイメージを持っていますか?

ivoteに入るまでは議員さんは街頭演説しているのを横で素通りしてみたことがあるくらいでした。そして議員さんって偉そうな人ばっかりなのかなと思っていました笑

しかしivoteに入り、テレビで見るような議員さんと直接話すことで、意外に議員さんってフレンドリーでおもしろい方々だなと感じました。よく人は見た目で判断するなと言いますが、まさにその通りだと痛感しました。

議員さんはなにかやりたいこと、変えたいことがあって議員になっている人が多く、その熱量をとても感じることができました。議員さん以外にも企業の方や、学校の先生、役所の人など様々な大人の人と接することができます。これも大学生では体験できないことだと思います。

賢すぎる仲間に出会えたこと

私はivoteのメンバーをとてもリスペクトしています。それはなぜなのか、、?

人柄がいいのはもちろんのこと、自分の知らなった知識、世界を教えてくれる存在だからです。学問のことでも私生活のことでも、数多くのことを教えてくれました。そして、それはいつしか自分の頑張る原動力になってました。

自分より知識のある仲間が自分はまだまだだと言っていつも頑張っている。
こんな姿見せられたら頑張らないわけにはいかないですよね?笑

このように学生団体では普段普通に生活しているだけでは味わえない経験をすることができます。いつもなら同じ大学の中、サークルの中などと狭いコミュニティーでしか生活していません。

だからこそivoteのような様々な大学の人がいて多様なバックグラウンドを持った仲間と接すことが自分のやる気にも繋がりました。

ivoteで思い出深いこととは

自分がivoteで思い出に残っていることは模擬選挙での活動です。
模擬選挙については記事があるのでそれを参考にしてほしいと思いますが簡単に言えばivoteメンバーが学校にお邪魔して、実際の選挙に似たことをやることです。もし興味のある方はこちら

私はivoteに入ってから、模擬選挙、主権者教育でたくさんの学校に行かせていただきました。本当にこれはivoteのみならず学校の先生や選挙管理委員会のみなさんに感謝でしかありません。

この模擬選挙のなにがよかったのかというと自分は小さいころ学校の先生にあこがれていました。しかしそんな夢はいつの間にか忘れてしまいました、、その小さな頃の夢をivoteに入ってかなえることができました。学校に行きみんなの前に立って授業をする。生徒とたくさん話すことができるivoteに、はいらなければこのような体験をすることはできませんでした。

最後に

ivoteに入ったおかげで教育や、福祉など今まで自分があまり考えることがなかった世界に興味を持つことができました。

平凡な大学生活を有意義なものにしたいと考えているみなさん。ぜひ一度ivoteに見学に来てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました