今日はなんの日? 選挙の日!

今日はなんの日? 選挙の日!

イントロ

4月10日は、1946年に大日本帝国憲法下で最後の第22回衆議院総選挙が行われた日です!

そしてこの選挙では満20歳以上が選挙権を獲得した男女普通選挙で、選挙の結果39人の女性議員が初めて誕生しました!

高い投票率

この選挙における投票率は72.08%と、終戦から1年も経っていない混乱期にも関わらず高い値を示しました。

また、その翌年には参議院通常選挙と第一回目の統一地方選、さらには衆議院総選挙が行われ、まさに『選挙イヤー』と呼ぶにふさわしいものとなりました。

3つとも投票率は高く、衆議院総選挙と参議院選挙はどちらも約60%台となっています。統一地方選に関しては、投票率は都道府県知事選などが約7割、都道府県議選、市区町村議選に関してはなんと、8割という驚異的な数字を指しています。

今回の統一地方選

ところで、統一地方選といえば先日4月7日日曜日が統一地方選前半選の、道府県議・知事選の投票日でしたが、皆さんは投票に行きましたか?

新聞などの報道によれば、総務省は7日に投開票された41道府県議選の投票率を、44.02%と発表したとのことです。この値は前回の45.05%を下回り、過去最低の値となりました。

統一地方選の投票率は国政選挙よりも急な角度での低下が続いています。

おわりに

選挙は立候補者が多いと誰に投票しようか迷いますよね。迷うだけならまだいいのですが、自分の住んでいる地域に来なかったり、演説をしない立候補者の方もいたりして、そうなると判断材料自体が少なくて、投票に行く気がそがれることもあると思います。ですが、私たちの暮らしに深く関係してくる選挙。その面倒くささをグッとこらえて是非投票所に足を運んでみてください。

4/21は統一地方選後半戦の投票日です!!

政治コラムカテゴリの最新記事