来たる参議院選挙 政党の選び方とは?~2019参院選~

参院選019

参議院選挙では各選挙区(一部を除き都道府県単位)から1〜5人の議員を選ぶ「選挙区選挙」方式と全国規模「比例代表選挙」方式の二つがあります。

「選挙区選挙」方式では各選挙区に立候補している候補者個人に投票します。「比例代表選挙」は政党名か候補者名のどちらかに投票します。

今回は「比例代表選挙」における政党の選び方についてご紹介します。

マニュフェスト

皆さんはどんな指標で政党を選びますか?

私はまずはマニュフェスト(選挙公約)を調べてみます。

マニュフェストとは何か?簡単に説明すると「私が当選したらこんな政策を推し進めますよ」というような有権者との約束事をまとめたものです。政党のマニュフェストは「外交」「社会保障」「原発」「地方創生」など各分野ごとにHPに掲載されている事が多いので気になった分野からチェックしてみるといいですね。

シルエット, バルーン, 約束, 選挙公約, 男, 人間, 頭, 人, 経済, マネージャー, フィギュア

また政策の実現性について考えてみるのもいいでしょう。例えば「国民1人に毎月100億円支給します!」と主張する政党があったとしましょう。皆さんはこの政策に実現性を感じますか?

マニュフェストは国民との約束です。しかしいくら国民に約束し、いくら政治が推し進めても「高すぎる理想と現実」の壁は超えられません。投票先を選ぶ時は『マニュフェスト×実現性』で考えてみるとガッカリする心配は減るでしょう。「財政」「法律」「政治力」この三つが実現性を考える基本となります。

実績

何事も「過去の実績」があると信用が上がりますよね。これは政治も例外ではありません。

政党・政治家は選挙で必ず「マニュフェスト」と同時に「実績」をアピールします。

「わが党は〇〇政権でこんなことを実行しました!」

「わが党は〇〇法案について対案を提出しました!」

「わが党の議員は常に〇〇を自主的に実行しています」

など政権、議員活動、国会の外(地方議会など)での実績などです。

しかし良い成績もあれば悪い実績もあります。でもプレゼンするときに悪い実績を紹介する人はいないですよね。良い実績と悪い実績の両方を知っておくと「本当の実績」を確かめる事ができそうですね。

街頭演説

「マニュフェストを調べるのはめんどくさい」というあなた!

確かにマニュフェストを調べて比較するのは時間がかかりますよね。

そんなあなたに時間を潰しながらマニュフェストと実績の両方知れる機会があります。

それが街頭演説です。選挙期間中は必ずと言って良いほど駅前で政治家が演説をしています。演説は候補者個人の能力に左右されるところはありますが

・党の公約

・候補者個人の公約

・候補者の過去

・候補者の政治信条

・候補者の人柄

etc…

トランプ, 代表取締役社長, アメリカ, フラグ, ユニオン ジャック, ドナルド・トランプ, 共和党

駅前でバスを待ちながら、友達を待ちながらいろんな情報を直接キャッチする事ができます。駅前で演説をしていたらイヤホンを外して少し話を聞いてみましょう。

最後に

今回は党の選び方について紹介しました。党を選ぶときはマニュフェスト(未来)、実績(過去・現在)の2つを軸に考えてみることをお勧めします。

また選挙区の候補者と比例代表(全国区)の候補者は違うという事もお忘れなく!

参考文献

www.akaruisenkyo.or.jp/2016sangi/2016sangi_about/6062/

www.nikkei.com/article/DGXZZO76056900T20C14A8000049/

https://kotobank.jp/word/マニフェスト-9058#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89

コメント

タイトルとURLをコピーしました